熱海ガス株式会社

――――――――――

■ 天然ガス ~明日をひらくクリーンエネルギー~
天然ガスは、世界各地に広く腑存し埋蔵量が豊富であることから、供給安定性にも優れており、従来から石油代替エネルギーとして導入が推進されてきました。また、天然ガスは発熱量が高いことで、ガス導管の有効活用ができ、ガス料金の長期安定に役立つなど数多くのメリットをもつ理想的な原料です。

昨今の環境問題に対する地球的規模の取り組みが高まる中、その燃焼時に地球温暖化の原因の一つであるCO
2(二酸化炭素)や大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)の発生量が石油や石炭に比べ少なく、酸性雨の原因となるSOx(硫黄化合物)やばいじんが発生しないなど、環境特性に優れたクリーンなエネルギーとして、その普及拡大が期待されています。
そして、わが国のエネルギーセキュリティを高める上で重要なエネルギーであること、国内に広く普及されつつあることから、わが国の基幹エネルギーの一つとして位置づけられております。

現在供給している天然ガスは、マレーシアやオーストラリアなどから輸入されています。
海外で採掘された天然ガスは、現地でマイナス162℃に冷却・液化されLNG(液化天然ガス)となります。
受入基地ではLNGを気体に戻し、熱量調整を行ったうえで都市ガスとして皆さまのもとにパイプラインを通じてお届けしています。

平成18年、熱海ガスは天然ガスへの転換作業(熱量変更)を実施いたしました。


――――――――――

■ 天然ガスの輸入経路
袖師基地
【清水エル・エヌ・ジー袖師基地】

熱海ガス 天然ガス輸送パイプライン概要

◆主な技術開発
天然ガス利用技術の高度化
天然ガスの
用途拡大
◇コージェネレーションの高効率化・多様化
◇燃料電池開発
◇空調用ガス機器開発
天然ガスの
高効率利用
◇未利用エネルギーの有効利用
◇LNG冷熱利用システム
環境保全の推進
天然ガス自動車
開発・普及
◇CNG自動車・LNG自動車
地球環境保全 ◇CO2発生抑制対策
◇オゾン層破壊防止対策
大気汚染物質低減 ◇NOX低減技術
◇有害大気汚染物質低減対策
都市ガス事業の基盤強化
コストの低減 ◇LNG受入基地におけるコスト低減
◇ガス導管敷設工事・維持管理の効率化
保安の向上 ◇メタン遠隔検知技術
◇ガス導管液状化対策技術
◇低価格COセンサー開発
都市ガス安定供給 ◇石炭水素添加ガス化技術
◇非在来型天然ガスの調査研究
天然ガス供給
インフラ整備
◇天然ガス輸送システム開発
◇低コスト型供給システム
◇幹線パイプライン敷設技術
◇大容量ガス貯蔵技術
基盤技術力強化 ◇エネルギー変換・輸送・供給・貯蔵・燃焼・伝熱・材料の研究
地方都市ガス技術 ◇移動式ガス発生設備
◇地場産業向け技術


ガスコージェネレーションシステムとは、都市ガスを燃料として発電を行うとともに、排ガスや冷却水から
排熱を回収して冷暖房や給湯などに利用するシステムです。
排熱を上手に使えば一次エネルギーの70~80%を利用することができエネルギーの有効利用が図られます。
天然ガスを利用することで快適な環境の保全に寄与し、熱需要の多い時間帯に運転することにより電力使用
のピークカットにも資するものです。

 H O M E