熱海ガス株式会社


――――――――――

■ マイコンメーター
マイコンメーターは、お客さまのガスご使用量を計量するだけでなく、ガスメーターに組み込んだマイコンが24時間ガスの使用状況を見守る安全機能がついています。
非常時にはマイコンメーターの安全装置が働き、ガスを自動的にストップします。
・一定時間に極めて多くのガスが使用された場合
・急に多くのガスが使用された場合
・長時間ガスが使用され続けた場合
・震度5以上の地震が発生した場合
・メーターに振動やショックが加わったとき
・流れるガスの圧力が低下した場合
・警報器・不完全燃焼警報器が作動した場合(連動している場合のみ)
・その他、「異常なガスの使われ方がされている」疑いがある場合

マイコンメーターの左上にキャップ・ボタンあり
   ↓
マイコンメーター
家中のガスが出ない場合は、マイコンメーターをご確認ください。
ガスが止まって、マイコンメーターの赤ランプが点滅していたら、
下記の手順で復帰をお願いいたします。
(復帰方法の説明書はガスメーターにも吊り下げてあります。)
ガスもれなどの異常がない場合は、復帰してガスが使えるようになります。

――――――――――

■ マイコンメーター復帰手順
ガスが止まって赤ランプが点滅したら次の手順で復帰できます。
ガスのにおいがするときは復帰操作は行わず、窓や扉を開放し、電気器具のスイッチには
触れないで、熱海ガスにご連絡ください。
①すべてのガス機器をストップ。
すべてのガス機器を止め、ガス栓を閉めてください。
(メーターガス栓は閉めない)
すべてのガス器具をストップ。
②キャップをはずす。
メーターの左上にある「復帰ボタン」のキャップを左へ回して、
はずしてください。
キャップをはずす。
③「復帰ボタン」を押す。
止まるまでしっかり押し、赤ランプが点灯したら、
すぐ手を離してください(キャップは元に戻して下さい)。
復帰ボタンを押す。
④約3分待ちます。
そのまましばらくお待ちください。
ガス漏れの有無を確認しています。
3分たって赤ランプの点滅が消えていたら、ガスが使えます。

――――――――――

■ 復帰操作したが、ガスが出ない
3分経過後もガスが止まったままで赤ランプが点滅している場合は、ガス機器の止め忘れやガス漏れが考えられますので、もう一度ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがないか再確認し、再度やり直してください。

ガスメーターの場所が分からない場合には、熱海ガスまでお問い合わせください。
正常に復帰しない場合や、ガスくさい場合は、熱海ガスまでご連絡ください。
電話 0557-83-2141(代)


 H O M E